/

この記事は会員限定です

コロナ2年で消えた4万人 北海道で離職ドミノ

[有料会員限定]

北海道は28日、新型コロナウイルス感染者の初確認から2年を迎える。度重なる営業制限の洗礼を浴び続けた飲食店や観光事業者では現場スタッフの離職者が急増し、従業員数は約4万人減った。感染収束後の競争力に直結する人材の地盤沈下が止まらない。

札幌市などでイタリア料理店を展開するイーストン(札幌市)は「飲食業は新型コロナ前から人手が足りていなかった。感染対策で時短営業になるたびに従業員が離職していく」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン