/

北海道函館市、ホテルや飲食店に事業継続支援金20万円

北海道函館市は事業継続支援金20万円をホテルなどに支給する(湯の川温泉街)

北海道函館市は25日、新型コロナウイルス対策で一般会計総額約25億円の2020~21年度補正予算案を発表した。事業継続臨時支援金として飲食店、ホテル・旅館、観光土産物店に1事業者当たり20万円(民泊は10万円)を支給する。政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」事業の再開を視野に、延べ20万人分の宿泊料金助成「はこだて割」を準備する。

市民の消費喚起策として、1万円で購入すると1万2000円分の買い物ができるプレミアム付き商品券20万セットを発行するほか、子育て世帯に子供1人当たり2万円分の子育てサポート商品券を配布する。

総額約25億円のうち、ワクチン接種費の一部(1944万円)が20年度予算への補正で、大半は21年度予算案(約1343億円)に追加する。財源は国の新型コロナ対策の地方創生臨時交付金や財政調整基金からの繰入金などを充てる。函館市内の感染者数が一時より減っていることから、経済再生に重点を置く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン