/

この記事は会員限定です

新千歳空港、国際線旅客便ゼロから26日で1年

[有料会員限定]

北海道エアポート(北海道千歳市、HAP)が運営する新千歳空港(同市)で国際線の旅客便発着がゼロになってから26日で1年になる。一時は韓国アシアナ航空などが復便を検討する動きもあったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引いており、依然として実現していない。

新千歳の国際線は2020年3月25日に米ハワイアン航空が運航したホノルル便を最後に、旅客便が全便運休している。アシアナ航空が21年2月に新千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン