/

この記事は会員限定です

札幌近郊に大型「鉄スクラップ」埠頭、輸出拡大へ増強

[有料会員限定]

北海道と石狩市、小樽市で構成する石狩湾新港管理組合(北海道石狩市、小樽市)などは92億円を投じ、国内最大級の鉄スクラップ船向け埠頭を建設する。一回の貨物量が2倍近くに増え、輸送回数も半分に減らせる。バングラデシュやベトナムを含む東南アジアへの輸出拡大を見据えてインフラを増強する。

鉄スクラップ船の入港する東地区に建設予定の岸壁の水深は従来より2メートル深い12メートルで、広さは約10ヘクタール。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン