/

この記事は会員限定です

旭川大 23年度に市立大移行へ、授業料下げも視野

(更新) [有料会員限定]

北海道旭川市の2021年度予算が成立し、2023年度に旭川大学を市立大として開学するための準備費230万円が盛り込まれた。現在の年間授業料は経済学部が約80万円、保健福祉学部保健看護学科が約120万円だが、いずれも約53万円になると試算している。

旭川大は定員割れが続いており、旭川市は市立化で国の交付金を受けて授業料を低く抑え、志願者増につなげる。市は20年10月に「定員充足率110%なら公立化3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン