/

この記事は会員限定です

北電社長、関電の老朽原発再稼働「意義深い」

[有料会員限定]

北海道企業の株主総会が本格化している。25日は北海道電力ロジネットジャパン、北海道銀行を傘下に持つほくほくフィナンシャルグループ(FG)などが総会を開催した。北電の総会では将来的な温暖化ガスの排出削減を見据え、泊原子力発電所(北海道泊村)の再稼働と原則40年の運転期間延長を目指す方針を改めて示した。

北電は25日午前10時から札幌市内のホテルで総会を開き、泊原発の再稼働断念などをはじめとする39人の株主提案を全て否決した。新型コロナウイルスの感染拡大を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン