/

この記事は会員限定です

JR北海道支援に1300億円、大盤振る舞いで迫る自立

[有料会員限定]

JR北海道への政府の支援の大枠が固まった。2021年度以降3年間の支援額は総額1302億円と過去2年の3倍超に積み増し、同社に経営自立を促す。債務の株式化や追加出資にも踏み込むという大盤振る舞いのメニューだ。

赤羽一嘉国土交通相は25日の閣議後会見で「少なくない金額だが、支援の意味を受け止めて経営改善努力を尽くしてもらいたい」と述べた。政府は20年度までの2年間に総額416億円をJR北海道につぎ込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン