/

この記事は会員限定です

サケ・マス交渉決着、予断許さぬロシアの出方

[有料会員限定]

日本とロシアのサケ・マス漁業交渉が妥結し、両政府は25日に署名した。漁獲実績に応じて支払う漁業協力金は2億~3億13万円と下限を2021年より6000万円引き下げた。妥結内容の評価と他の漁業交渉の行方について聞くと、両氏はロシアの出方を警戒していた。

国内漁業者の権益は維持 浜田武士・北海学園大教授

漁業協力金の下限が前年より6000万円引き下げて2億円で決着したことは、盛漁期を前に漁業者の権益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン