/

この記事は会員限定です

北海道ワイン世界へ、「目指せナパ・バレー」の3トップ

[有料会員限定]

北海道ワインを世界的なブランドに押し上げようと、ニトリホールディングス(HD)やコープさっぽろ(札幌市)、北海道大学が強力タッグを組む。温暖化でワイナリー(ワイン製造所)は急増中。理想型として描くのは世界的なワイン産地として知られる米カリフォルニアの「ナパ・バレー」だ。

26日、北海道庁で開いた記者会見にはニトリHDの似鳥昭雄会長、コープさっぽろの大見英明理事長、北大の宝金清博学長の3トップにくわえ、北海道の鈴木直道知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン