/

この記事は会員限定です

北海道の十勝産ニンニク 「脱青森」で狙う復権への道

[有料会員限定]

北海道、十勝のニンニクが「脱青森」に動き始めた。国産の6割超を占めるニンニク王国から学んだ農法を切り替え、目指すは機械化・省力化による大量生産とブランド化の両立。中国産の4~6倍程度の高値がつくほどに成長し、復活軌道に乗る。

清水町産のニンニクは1個200円程度。1個300円を超えることもある青森産には及ばないものの、ブランドニンニクとしては十分な水準といえる。地産地消の流れも追い風に、札幌市内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン