/

北海道知事、国交相に「人命最優先で」 知床観光船不明

(更新)

北海道の鈴木直道知事は24日午前、知床半島沖での観光船事故を巡り、斉藤鉄夫国土交通相と電話で協議し、人命救助を最優先に取り組むとともに原因究明を徹底するよう要請した。道が開いた災害対策連絡本部の会議後、記者団に明らかにした。

会議後に鈴木知事は「不安に思っているご家族へのサポートを道としてできる限り対応していく。国と連携し、大型連休前に安全確認の呼びかけが必要だ」と述べた。

鈴木知事は24日午前に開いた災害対策連絡本部会議の初会合で「人命救助に全力を挙げ、道として最大限取り組む」と発言していた。23日の事故発生後、北海道は第1管区海上保安本部と現地に職員を派遣したほか、同日午後8時には災害対策連絡本部を設置していた。24日からは道のヘリコプターも捜索に加わっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン