/

この記事は会員限定です

札幌市、AIオンデマンド交通実験へ 路線バス廃止で代替

[有料会員限定]

札幌市が人工知能(AI)を活用したオンデマンド交通の実証実験を11月から始める。JR北海道の子会社、ジェイ・アール北海道バス(札幌市)が撤退方針を示すバス路線を代替できるとみている。人口減などを理由に、地方で広がるオンデマンド交通の波が全国五指に入る大都市にも広がってきた。

ジェイ・アール北海道バスの富丘高台線(JR手稲駅南口~同駅北口)は平日のみ運行しており1日あたり往路と復路で各2便。使用車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン