/

この記事は会員限定です

丸善納谷商店、昆布輸出でビーガン市場を開拓

地域発世界へ 函館市

[有料会員限定]

昆布加工・卸を手掛ける丸善納谷商店(北海道函館市)は昆布を欧州やオーストラリアへ輸出している。日本貿易振興機構(ジェトロ)や北海道立工業技術センター(同市)の助けを借り、販路開拓やヨウ素含有量の規制といった課題を克服した。新たな養殖方法の開発にも乗り出している。

「日本の昆布産業を守るには輸出を増やす必要がある」。納谷太郎専務は危機感を抱いていた。そんなときに昆布を英国へ輸出できる会社を探していた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン