/

この記事は会員限定です

21年、地方金融に「500円玉問題」 ATM改修に恨み節

[有料会員限定]

2021年に予定される新500円硬貨が北海道の地銀を悩ませている。ATMの改修コストは1台あたり数十万円に上り、4年後には新紙幣への対応も控える。利用が減っているATMにどこまで投資するのか。広大な北海道だけに悩みは深い。

「顧客の利便性や社会に求められることなのでやっていくが、費用面で厳しいものがある」。北洋銀行の安田光春頭取は新500円対応に複雑な表情を浮かべる。同行の約1000台のATMのうち、改修...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン