/

北海道電力も法人新規契約を一時停止、燃料高騰受け

北海道電力は23日、法人向けの電力プランの新規契約を一時停止したと発表した。燃料高騰を受け、新電力から値上げや供給停止を求められた企業からの申し込みが急増。十分な電力量を供給できなくなった。新規契約の受付停止は2016年に電力小売りの全面自由化して以降で初めて。

北電が取りやめた契約はビルや工場で使う「高圧」「特別高圧」と呼ばれる分野だ。同社は「高騰が続く燃料市況や電力取引市場価格の先行きが不透明で、お客さまのご期待に沿った対応が困難だ」(広報部)としている。

燃料費の高騰に伴う卸電力価格の上昇で、国内では関西電力など新規契約を一時停止する電力会社が相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン