/

かばんの「マザーハウス」北海道初出店、大丸札幌店に

バッグ製造・販売のマザーハウス(東京・台東)が24日、大丸札幌店(札幌市)3階婦人服売り場に出店する。北海道内の常設店舗は初めて。バングラデシュなどで生産した革製バッグやネックレスなどのアクセサリー、衣料品を販売する。道内限定商品も扱う。

マザーハウスは23日、報道向けの内覧会を開いた。2021年10月に大丸札幌店で期間限定で出店したところ、売上高が全国平均の2倍に達したという。マザーハウスの山崎大祐副社長は「新店は年2億円の売り上げを目指す。北海道2店舗目も計画している」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン