/

この記事は会員限定です

アジアのワイン名門校目指せ、北大が描く未来

[有料会員限定]

北海道産ワインがここ数年、当たり年を迎えている。ヨーロッパ産の品種でも世界に認められつつあるものの、主要産地と比べると知名度も生産量も劣る。世界水準に引き上げようと、北海道大学がワイン醸造学の世界的権威「米カリフォルニア大(UC)デービス校」を目指して動き始めた。

「見たことのない熟度のワインが造れる。今から楽しみだ」。北海道のワイン造りで第一人者として知られる米国人醸造家のブルース・ガットラヴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン