/

北海道美瑛町に藍染めテーマパーク 水野染工場

北海道美瑛町と染め物製造の水野染工場(北海道旭川市)は23日、2016年に閉館した町所有の農産物直売所「四季の交流館」を藍染めのテーマパーク「藍染結の杜(ゆいのもり)」として活用すると発表した。7月7日開業の予定。染め物体験や物販、藍の栽培や農業体験、各種イベントなどを手掛ける。

敷地面積約3万平方メートル、2階建て延べ床面積約340平方メートルの施設を無償で貸し出す。1階は体験スペースと物販、2階は展覧会などを開くイベントスペースとカフェにする。カフェはコワーキングスペースとしても使う。藍染め体験は東京の店舗でも手掛けており、1人当たり5000円程度になる見込み。

水野染工場の水野弘敏社長は「冬は雪を生かしたイベントも手掛けたい。正社員とパートなどで10人を雇用する予定だ」と説明。美瑛町の角和浩幸町長は「美瑛町には観光名所『青い池』がある。ジャパンブルーともいわれる藍染めとあわせて発展していきたい」と述べた。

施設は丘陵地にあり美瑛の丘の町が見渡せる地点にベンチを設置する。美瑛の風景写真で知られる故・前田真三氏のギャラリー「拓真館」に隣接しており、アート愛好家らにとって絶好の周遊ルートになりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン