/

この記事は会員限定です

サツドラが磨く5000人商圏経営、地域通貨やデマンド交通

[有料会員限定]

サツドラホールディングス(HD)の富山浩樹社長は日本経済新聞のインタビューで「商圏人口5000人以下でも採算の合う店舗作りに取り組む」と述べた。食品など薬以外でも品ぞろえを充実するほか、交通や決済インフラも整備する。北海道内の市町村と組み、店舗に訪れやすくする導線を築く。

サツドラ店舗を拠点にしたデマンド交通を走らせ、人口の少ない自治体でも来店しやすくする。1人の顧客により多く利用してもらうため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン