/

北海道電力、泊原発の換気装置に不備 規制庁が指摘

北海道電力は22日、泊原子力発電所(北海道泊村)で換気装置に不備があると原子力規制庁から指摘を受けたと発表した。放射性物質を除去する非常用の換気フィルターを交換していなかった。

フィルターはすでに交換した。規制庁は4段階の安全重要度で最も軽い「緑」との暫定評価をしており、後日開催する原子力規制委員会で正式に決める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン