/

この記事は会員限定です

北海道の地ビール醸造所数3位 シラカバ・流氷でご当地色

データで読む地域再生 北海道

[有料会員限定]

北海道は個性的なビール類を少量生産する「クラフトビール(地ビール)」の醸造所数で全国3位に入った。シラカバの樹液や流氷の水、銘菓「白い恋人」を用いたご当地色の強い商品も多い。冷涼で湿気の少ない気候は生産に適しているとされ、明治期のビール生産の一大拠点は地ビール作りでも存在感を示す。

データで読む地域再生

酒類容器を製造するきた産業(大阪市)によると、2021年9月時点で北海道の地ビール醸造所数は28カ所と前年に比べ3カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン