/

北海道大樹町など 航空宇宙関連の新会社設立

新会社は発射場の増設など大樹町での宇宙産業を拡大させる(画像はイメージ)

北海道大樹町は道内の6社と共同で、ロケットなどの発射場や滑走路の運営・管理を手がける新会社「SPACE COTAN(スペース・コタン)」を設立した。2025年までに2カ所で発射場を新設し、航空宇宙産業の土台作りに取り組む。

社長には格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパン元社長の小田切義憲氏が就任した。新会社には大樹町のほか、ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)や帯広信用金庫などが出資する。

大樹町は1985年に航空宇宙産業の誘致を始めた。これまでに宇宙航空研究開発機構(JAXA)や川崎重工業などが航空宇宙関連の実験をした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン