/

この記事は会員限定です

北海道の信金 預貸率40%台「ゼロゼロ融資」効果薄く

データで読む地域再生 北海道

[有料会員限定]
データで読む地域再生

北海道の金融機関は新型コロナウイルス禍でビジネスの見直しを迫られている。政府のコロナ対策の無利子・無担保融資は貸出金と預金を急増させた。預貸率は長期安定しているものの、銀行が60%を割り込み、信金は40%台の低水準。公的資金によるバックアップを生かしているとは言いがたい。

日銀によると、北海道での21年3月末の銀行貸出金(融資)は11兆2591億円で前年同期比6.8%増、預金は同10.7%増の18兆8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン