/

この記事は会員限定です

北海道おでんには「マフラー」、甘じょっぱく復権中

[有料会員限定]

寒さが厳しいこの季節、あまたあるおでんの具材の中でも北海道民は「マフラー」と呼ばれるさつま揚げを愛してやまない。防寒着のマフラーに似た細長い見た目と甘じょっぱい味。焼いてわさびしょうゆで味わうのもまた一興の道民限定食だ。

かまぼこ製造の堀川(新潟県聖籠町)が北海道でのみ作り、年間消費量は260万枚に達する。1枚の長さが13センチメートル。北海道の工場では1日約2万枚、月平均で約21万枚を作る。定番...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン