/

この記事は会員限定です

車部品のダイナックス 北海道安平町でワイン事業参入

我が社のストラテジー

[有料会員限定]

クラッチ板大手のダイナックス(北海道千歳市)はワイン事業に本格参入する。本社近隣の北海道安平町に約2ヘクタールの土地を借り、5月に約3000本のワイン用ぶどうの苗木を定植した。2025年にもワイン醸造所(ワイナリー)を稼働し、ワイン製造に乗り出す。

ワイン事業は売上高で数億円規模に育てたい考え。ダイナックスの売上高は近年の実績で約500億円あり事業の柱との位置づけではないが、伊藤和弘社長は「人材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン