/

この記事は会員限定です

繁忙期の「コロナ冬眠」、出口見えない北海道観光

[有料会員限定]

北海道の観光地で、臨時休業や営業時間の短縮が広がっている。函館大沼プリンスホテル、定山渓ビューホテルが休館を予定しており、平日のみ休む宿泊施設も多い。新型コロナウイルス対策の2度目の緊急事態宣言で旅行需要は低迷。せっかくの繁忙期を前に観光産業は「冬眠」状態に追い込まれた。

野口観光(登別市)は、湯の川温泉(函館市)にある湯元啄木亭を2月末まで休業する。洞爺 湖畔亭(洞爺湖町)では1月後半は土曜日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り853文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン