/

この記事は会員限定です

ジビエ直取引でハンター減脱却、ドコモ系も将来性評価

Fant(北海道音更町)

[有料会員限定]

Fant(北海道音更町)は狩猟免許を持つハンターとジビエ(野生鳥獣肉)を求める飲食店とを直接つなぐ「ギルド肉プロジェクト」を始めた。報酬額に納得した上で狩猟に出ることで、ハンターは生計を立てやすくなる。狩猟人口の減少に歯止めをかける狙いだ。

「●月×日までに、カモを1万円で」。飲食店が欲しい肉の種類や金額を示すと、報酬に納得したハンターは指定の鳥獣を仕留めて食肉加工場に持ち込む。受け取った飲食店は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン