/

この記事は会員限定です

空気より貨物、北海道新幹線「貨客混載」の熱量不足

[有料会員限定]

JR北海道と佐川急便は3月までに北海道新幹線で宅配便の貨客混載を始める。新型コロナウイルスの感染拡大で低迷している同新幹線の運賃収入を補う狙いだ。「空気を運んでいる」とまで揶揄(やゆ)される同新幹線だけに輸送力の活用余地は大きいが、日本各地で本格化し始めた同様の試みとは温度差もある。

21日午後9時過ぎ、佐川急便のトラックが新函館北斗駅(北海道北斗市)に到着し、試験用ダミー宅配便を入れた4つのボッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン