/

北海道観光消費21年度は26%増5481億円、観光機構推計

北海道観光振興機構が21日発表した2021年度の観光産業経済効果調査(推計値)によると、北海道内の観光消費額は20年度比26%増の5481億円だった。19年度比では6割超の減少。新型コロナウイルスの影響で、インバウンド(訪日外国人客)がほぼゼロだったことや、緊急事態宣言などの影響で国内旅行客が減少したことが響いた。

北海道内の宿泊客の観光消費額は3%増の2万7826円だった。北海道外からの宿泊客は1人当たり8万1574円だった。道観光機構は「道外客の宿泊日数や旅行総予算は伸びている」と分析。新型コロナで旅行回数が減っている分、1回あたりの旅行が長期化しているとみる。

観光による経済波及効果は21年度が12%増の7100億円と20年度比で上昇したものの、19年度(2兆1910億円)からは減少したままだ。観光機構の小磯修二会長は「北海道経済における観光業の波及効果は大きい。マイクロツーリズムなど需要の変化に対応していきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン