/

この記事は会員限定です

寒冷地のEV普及に商機あり、電気工事から事業転換

北海道電気相互の高橋伸和社長

[有料会員限定]

電気設備工事の北海道電気相互(札幌市)の社長を務める。電気自動車(EV)走行中の急な電池切れに駆けつける「給電車」を開発した。12月から販売、サービスを開始。脱炭素などの社会課題に対応しながら、主力の電気工事に代わる新事業へと育てる。

給電車を開発したのは、2019年からサービスを始めた電源車がきっかけだ。マンションや病院、ビルが停電した際のバックアップ利用を想定した。

18年の北海道胆振東部地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません