/

この記事は会員限定です

セコマにみる円安・資源高時代のコストコントロール

[有料会員限定]

北海道内でコンビニエンスストア「セイコーマート」を展開するセコマ(札幌市)は、円安・ドル高や資源高局面でコストコントロールを進めている。輸入食材の加工工程を国内に一部移管し始めた。地域企業が価格転嫁を抑えようと努力する現状を探った。

同社は総菜や店内調理する「ホットシェフ」コーナーで販売するフライドチキンで使う鶏肉をタイ中心に仕入れる。使用量は年4000トン程度だ。フライドチキンの場合、重さ30...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン