/

この記事は会員限定です

酒特区が変えたニッカの余市、ワイン集積地に

データで読む地域再生・北海道

[有料会員限定]

北海道は農家や個人が少量から酒を醸造できる構造改革特区が11件で全国7位だ。なかでもワインでの特区認定が目立つ。果実栽培や酒造りで長い歴史を持つ余市町では新規参入も相次ぐ。ワイナリーの増加を背景に、醸造家を支えようとする産学官連携の芽も出始めた。

酒特区認定は域内で新たに酒の醸造所を設置する際、酒税法が定めた年間の最低製造量に関する規制が緩む。酒造りに関心のある個人でも挑戦しやすい環境になり、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン