/

この記事は会員限定です

汚染水凍らせ放射性物質分離 技術で海洋放出に問題提起

挑む 昭和冷凍プラントの若山敏次さん

[有料会員限定]

8月25日に「トリチウム汚染水の処理装置及び処理方法」を特許出願した。放射性物質を処理した汚染水の海洋放出が2023年春に計画されるなかでの問題提起だった。

忘れられない光景がある。11年3月17日、東京電力福島第一原子力発電所の3号機に陸上自衛隊のヘリコプター2機が空から放水した。原発は冷却機能が損なわれ、水素爆発も起きていた。隊員たちにとって、放水は決死の行動でもあった。

「わたしにもできる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン