/

水素やCO2再利用調査、北海道室蘭市や日本製鋼所系連携

北海道室蘭市は2022年度に、水素や二酸化炭素(CO2)を回収・利用(CCU)したまちづくりの調査を始める。デロイトトーマツコンサルティングや日本製鋼所子会社の日本製鋼所M&E(北海道室蘭市)と共同で手がける。全国有数の「鉄の街」で水素利活用モデルを構築し、横展開していく。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託した。調査は水素エネルギーの利活用などによる脱炭素社会を推進する「室蘭脱炭素社会創造協議会」の取り組みの一環。室蘭市が札幌市などに水素供給できる拠点となれるかどうかを検討していく。

水素やCCUの活用が進めば、水素とCO2から合成メタンを製造でき、加熱炉など工場のエネルギー源になりうる。

環境省によると、室蘭市のCO2排出量は19年度実績で156万トン。北海道全体の約3%にあたる。市内には製造業が多く、CO2排出量のうち6割以上を同分野が占める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン