/

この記事は会員限定です

コープさっぽろ経常益25%減 22年3月期、販促負担重く

[有料会員限定]

生活協同組合コープさっぽろ(札幌市)が21日発表した2022年3月期決算(21年3月21日~22年3月20日)は、経常利益にあたる経常剰余金が前の期比25%減の65億円だった。21年3月期に手控えていたチラシ配布を増やし、販促費がかさんだ。

売上高にあたる事業高は2%増の3097億円だった。うち宅配事業は4%増の1085億円だった。取扱品目数を増やしたほか、主要な商品の値下げ効果が出た。大見英明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン