/

この記事は会員限定です

札幌・日本清酒「千歳鶴」 伏流水、道産米を引き立てる

酒紀行

[有料会員限定]

山海の幸に恵まれた北海道で地酒「千歳鶴」を製造しているのが日本清酒(札幌市)だ。北海道産の酒米と札幌市内の伏流水で造る日本酒は豊かな香りと柔らかな甘みが特徴で、地元ではファンが多い。2023年には新たな蔵が稼働し、顧客層の拡大に力を入れる。

JR札幌駅から車で10分弱、日本清酒は札幌市中心部の豊平川沿いに本社を構えている。かつて本州より気温が低い北海道ではコメがとれず、同社も本州の酒米を仕入れて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン