/

この記事は会員限定です

イクラ高騰で採算ギリギリ 北海道物産展に大量死の影

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

全国で再開された北海道物産展にウニやサケの大量死問題が影を落としている。さらなる価格高騰を見越して売れ行きは好調とはいえ、北海道産の仕入れ価格は上昇の一途。大量死の被害はさらに拡大する可能性も出ており、出展事業者には採算ラインギリギリの攻防が続く。

18日まで北海道物産展を開催していた高島屋日本橋店にはサケやイクラなど、秋の北海道でとれた海産物が所狭しと並んだ。「久しぶりの物産展で特定の海産物だけではな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン