/

北海道の20年宿泊者数、前年比4割減 運輸局まとめ

北海道運輸局が20日発表した2020年の宿泊旅行統計調査によると、1人1泊を「1人泊」とする延べ宿泊者数は前年比42%減の2144万人泊だった。このうち外国人は77%減の205万人泊だった。新型コロナウイルス禍による厳しい入国制限や往来自粛で、宿泊者数は大きく落ち込んだ。

全国の延べ宿泊者数は44%減の3億3165万人泊だった。都道府県別にみると北海道は全体の7%を占めて全国第2位だった。1位は東京都、3位は大阪府だった。

北海道を訪れた外国人を出身地別にみると、中国が57万人泊と全体の3割超を占めて最も多かった。2位は台湾、3位はタイだった。コロナ禍の影響でいずれの国と地域も延べ宿泊者数は前年から大きく減少している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン