/

この記事は会員限定です

北電ネットがGWの出力制限検討、新電力事業者に影響も

[有料会員限定]

北海道電力の送配電子会社、北海道電力ネットワークは20日、再生可能エネルギー発電所の出力制限を検討すると発表した。同社の送電網に接続する太陽光などの発電所が増えており、需要が落ち込むゴールデンウイーク(GW)にも実施する可能性がある。制限すると新電力など事業者の経営に影響が出そうだ。

踏み切れば九州電力に続き全国で2社目。4~5月の連休中は企業や工場が休みに入るほか、気温上昇により家庭でも暖房需要が落ち込んで電力消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン