/

この記事は会員限定です

開発予算5718億円も新規ゼロ、新千歳「スルー化」見送り

[有料会員限定]

政府が21日閣議決定した2021年度予算案で、北海道開発予算は20年度当初予算比1%減の5718億円だった。交通ネットワーク関連では本別と釧路をつなぐ「北海道横断自動車道」や「旭川東神楽道路」の整備促進が引き続き盛り込まれた一方、新規はゼロ。JR新千歳空港駅を「スルー化」する調査費も見送られた。

開発予算は当初予算額としては9年ぶりの減少となったものの、「15カ月予算」として一体で編成された20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン