/

この記事は会員限定です

牛ふん尿からロケット燃料、メタンが育む北海道十勝の夢

北のゼロカーボン都市~進化⑵

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

北海道十勝地方のほぼ中央にある帯広市は、酪農・畜産が盛んな国内有数の農産物集積地だ。エア・ウォーターはJR西帯広駅近くに液化バイオメタン製造工場を建設し、10月に稼働させた。

よつ葉乳業の十勝主管工場(北海道音更町)は製造した液化バイオメタンをボイラー設備の燃料として利用している。「液化天然ガス(LNG)と同様に安全に使えている」と池浦二郎工場長。液化バイオメタンを製造して使った国内初の事例とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません