/

この記事は会員限定です

JR北海道8年ぶり社長交代 綿貫氏、稼ぐ力どう育てるか

[有料会員限定]

JR北海道の新社長に綿貫泰之副社長(60)が昇格する人事が固まった。島田修社長(64)は代表権のある会長に就く。社長交代は8年ぶり。綿貫氏は稼ぐ力をどう育てていくかが課題になる。まずは赤字路線の存廃問題を前進させることが必要になりそうだ。

6月17日に開く株主総会や取締役会で決める。島田社長は初代の大森義弘社長に次ぐ長期政権になっていた。

島田社長はJR北海道常務やグループ会社のJR北海道ホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り837文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン