/

JR北海道社長に綿貫副社長、島田社長は会長に

政府は20日の閣議で、JR北海道の新社長に綿貫泰之副社長(60)が昇格する人事を了解した。島田修社長(64)は代表権のある会長に就く。JR北海道が6月17日に開く株主総会後の取締役会で正式に決める。

綿貫氏は2031年春に北海道新幹線の延伸を控える札幌駅周辺の再開発など、同社の経営基盤強化に取り組んできた。島田氏は社長の在任期間が歴代第2位の8年間に及んだ。相次いだ事故や不祥事を受けて、安全対策の強化に取り組んだ。

綿貫 泰之氏(わたぬき・やすゆき)1985年(昭60年)北大経卒、国鉄入社。2011年JR北海道取締役、18年常務、20年副社長。北海道出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン