/

この記事は会員限定です

北海道の輸出15年ぶり3000億円割れ、コロナがホタテ直撃

[有料会員限定]

函館税関が21日発表した北海道の2020年(1~12月)の輸出額(速報)は2296億5300万円と、前年比26%減った。2年連続のマイナスで05年以来、15年ぶりに3000億円を割り込んだ。海外でも評価の高い北海道産の水産を新型コロナウイルス危機が直撃した。

20年の北海道外国貿易概況では道産輸出食品の代表格、ホタテの減少が目立つ。魚介類・同調製品は19%減の455億3100万円。うちホタテを中心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン