/

この記事は会員限定です

ニセコ町、「林業商社」設立検討 国際リゾートの脱炭素

[有料会員限定]

ニセコ町の片山健也町長は木材の生産から加工、出荷までを一貫して担う林業専門の地域商社を設立する構想を明らかにした。国際リゾート地に成長した観光に次いで競争力を発揮できるとみて、森林整備や安定した木材供給のインフラを整える。

日本経済新聞のインタビューに応じた片山町長は「森林を再生して林業を復活させ物質、エネルギー、経済が循環していくことで町が自立する。早いうちに地域商社をつくりたい」と述べた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン