/

サツドラHDがCVC、店舗やポイントカードで連携

サツドラホールディングス(HD)は、スタートアップに投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の「エスベンチャーズ」を10月18日付で設立したと発表した。サツドラ店舗やポイントカード「EZOCA(エゾカ)」のデータ活用を希望する企業に投資し、サツドラHDの新規事業につなげる。

ファンドの資金規模は非公表だが、10社程度にそれぞれ数千万円を出す方向で検討している。運用期間は3年間。

サツドラHDは2026年5月期を最終年度とする中期経営計画で、スタートアップとの協業推進を盛り込んだ。これまでも北海道大学発スタートアップで人工知能(AI)ソフトウエア開発のAWL(アウル、東京・千代田)や、ロケット開発のインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)に出資した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません