/

この記事は会員限定です

JR北海道社長、路線維持「上下分離、事例参考に協議」

[有料会員限定]

JR北海道の綿貫泰之社長は日本経済新聞のインタビューで、路線存廃問題で列車運行とインフラ管理を分担する「上下分離方式」について「上下分離にも様々な違いがある。全国の事例を参考にして協議していきたい」と述べた。

綿貫 泰之氏(わたぬき・やすゆき)1985年(昭60年)北大経卒、旧国鉄入社。2011年JR北海道取締役、18年常務、20年副社長。北海道出身、60歳。

JR北海道が単独で維持が難しいとする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ローカル線

赤字路線が増加、JRの一部路線では廃線の可能性も検討されるローカル線。地域の足である鉄道の維持のための取り組みや地方の鉄道が抱える課題などについてのニュースや解説をまとめました。

■ローカル鉄道とは 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン