/

この記事は会員限定です

富良野は「第2のニセコ」 外資、国内勢と陣取り合戦

海外マネー席巻㊦

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

北海道富良野市が「第2のニセコ」として、海外投資家の注目を集めている。販売価格で1億円を超える高級コンドミニアムが林立し、飛ぶように売れる。国内勢中心に古くから観光開発を進めてきた富良野は用地に限りがあり、水面下では陣取り合戦の様相を呈している。

JR富良野駅から車で10分ほどの場所にある「北の峰エリア」。スキー場に近く、真新しい建物が並ぶ。地元タクシー運転手の男性は「ここ数年でがらりと雰囲気が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません