/

この記事は会員限定です

北海道の22年度予算3.2兆円 コロナ対策5800億円

[有料会員限定]

北海道が18日発表した2022年度予算案の一般会計総額は、21年度当初比0.8%減の3兆2262億円だった。2年ぶりのマイナスながら、過去5番目の規模。全体の2割弱にあたる5857億円を新型コロナウイルス対策関連に充てる。新規事業は脱炭素など91を数え、21年度当初比で2.6倍に増やした。

25日開会の道議会に提案する。来年4月に任期満了を控える鈴木直道知事にとっては1期目最後の本格予算で、18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン