/

この記事は会員限定です

子育て「無償」競う北海道、古平町は高校生の医療費も

[有料会員限定]
データで読む地域再生

北海道の179市町村のうち、1人の女性が産む子どもを示す合計特殊出生率は115市町村で上昇した。2013~17年とその10年前にあたる03~07年とを比較したところ、上昇幅が0.47と全国7位に食い込んだ古平町をはじめ小規模自治体の健闘が目立った。

古平町は05年に中学生まで、15年には高校生も医療費を無償化。2位のニセコ町は子どものスキーリフトシーズン券の助成を05年度から手がける。医療費の無償...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン